「愛」そして「感謝」

26回目のカフェ・・

先週土曜日8月14日は

各地で大雨が降り警報のでている地域もありました

東京巣鴨でも、時折強い雨が降る一日でした

その中ですが、26回目のカフェを無事に開催することができました

 

ご協力いただいた皆様に感謝申し上げます

 

「砕けたる心、小児のごとき心、有のままの心」という樋野先生の言葉の処方箋を朗読しました

第26回資料 

子どもを抱きしめてなだめるのと同じように、どれほどの愛をもって、

傷ついている相手の話を聞いてあげるかが大切です

 

カフェはこうした「愛」の授受が自然にあふれる場のような気がします

先生の本の言葉通りでは、「聞いてあげる」となっていますが

 

「聴かせていただく」が私にはしっくりきます

 

互いの人生、それぞれの経験を語り合い、

その中で学びあい、力をいただいているように思います

そのプロセスに「愛」そして「感謝」が溢れているように感じるのです

 

がん患者も、そうでない方も

治療中の方も経過観察中の方も

ご家族もご遺族も・・

 

すべての参加者さんが、大切なおひとりです・・

 

 

コロナ禍、安心して集まっていただけるよう

より一層の感染予防対策に配慮した空っぽの器を考えてまいります

 

暑さが戻ってきております

皆様どうぞご自愛の上お過ごしください・。・*

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「愛」そして「感謝」” に対して2件のコメントがあります。

  1. アバター ゆっこ より:

    26回目のカフェお疲れ様でした。
    「愛」そして「感謝」‥
    読ませていただきました。写真入りの文章がとても読みやすく、そして優しくて
    カフェには参加できないけれど、毎回のカフェ後に出されるさくらさんのブログをとても楽しみにしています🌸
    今回の資料の内容、なんて素敵なんだろう。
    さくらさんそのものですね✨
    聴かせていただいているお顔の表情、うなずいている様子が手にとるようにわかります。
    闘病されていても、そうでなくても、誰かに気持ちを聞いてもらうと、力が抜けて、ふっと前向きになれる瞬間がありますよね✨
    私自身も優しくなれました。
    ありがとうございます🍀

    1. さくら さくら より:

      ゆっこさん、こんばんは🌸優しいコメントをありがとうございます😊カフェのご報告が遅れ遅れでごめんなさい😊読んで下さって嬉しい、ありがとうございます。

      樋野先生の言葉の処方箋、素敵ですね。子育てやお仕事にも通じるものがあるのではないでしょうか。

      おっしゃるように、本当気持ちをぜーんぶ聴いてもらえると、それだけで力が抜け癒される…「愛」を感じられるからだと思います。その「愛」を受け止められたとき前向きになれるんですね。

      今、ゆっこさんに「愛」をいただきました。💕💕
      ありがとうございます。頑張りますね🐸🌸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です