岡倉天心記念がん哲学外来・巣鴨カフェ「桜」へようこそ

IMG_6634 (1)

岡倉天心記念がん哲学外来・巣鴨カフェ「桜」

がん哲学外来カフェは、がん哲学外来から発展し全国に200か所に拡がっています。参加者同士がお茶を飲みながら、「言葉の処方箋」を基に、対話を通して力を分け合う場です。巣鴨カフェ「桜」は、2019年7月から月に1回、巣鴨の地で開催しています。患者さんやご家族、ご遺族、医療関係者など、ご興味ある方どなたでもご参加いただけます。どうぞよろしくお願いいたします。

IMG_7178

さくら

巣鴨カフェ「桜」の山本です。カエルと桜の大好きな元看護師さくらです。肺がんと乳がんを経験し、治療が難しくなった時にがん哲学外来に出会い、力を頂いて、今カフェを開いています。カフェを必要として下さる方々が安心して過ごせる場、また来たいなと思っていただけるような、優しく温かい場をご用意できるよう、スタッフ一同力を合わせて、お待ちしております。

お知らせ

 

第55回 巣鴨カフェ「桜」 は1月13日(土) に開催されました。

 

次回 第56回 巣鴨カフェ「桜」 は2月10日(土) 開催されます。

 

詳細はチラシをご覧ください

2024年1月からチラシ

 

 

☆NEW「桜の樹」ニュースレター vol30 完成しました

「桜の樹」ニュースレターvol 30

☆NEW人生ピンチヒッター友の会ニュースレター 2024 冬 発行されました

人生ピンチヒッター友の会ニュースレター 2024 冬

 

☆1月13日(土)第55回巣鴨カフェ「桜」開催されました

人生の目的は 品性を完成するにあり

 

「桜の樹」ニュースレター vol28 完成しました

「桜の樹」ニュースレター vol 28 

 

訃報

訃報

 

 

 

 

樋野興夫先生からニュースレターが届きました

新渡戸稲造記念センター長

順天堂大学名誉教授

順天堂大学医学部病理・腫瘍学客員教授

岡倉天心記念 がん哲学外来・巣鴨カフェ「桜」ニュースレター

内村鑑三 (1861-1930)の『代表的日本人』(1894年)、新渡戸稲造 (1862-1933)の『武士道』(1900年)、岡倉天心(1863-1913)の『茶の本』(1906年)はともに英語で書かれ、日本の文化・思想を西欧社会に紹介したものである。 英語で、日本(人)を深く、広く、丁寧に 海外に紹介出来た人物は、この 3人 ではなかろうか!  この3人は、「英語力 と 教養」を備えた 明治以降の 日本が誇れる人物である。 明治時代の3人の 「格調高い英語力」と「深い教養」と「高い見識」には驚くばかりである。100年後の現代に生きる我々は、「真の国際人の定義」を再考すべき時であろう。『真の国際人』とは、「賢明な寛容」を持ち、「能力を人の為に使う」人物であり、明治維新以降、「内村鑑三・新渡戸稲造・岡倉天心」は、『真の国際人』のモデルであろう!

 

『真の国際人』の3か条

理念:  「世界の動向を見極めつつ歴史を通して今を見ていく」

使命:  『俯瞰的に「人間」を理解し「理念を持って現実に向かい、現実の

中に理念」を問う人材の育成』

社会貢献:『複眼の思考を持ち、視野狭窄にならず、教養を深め、時代を読む

「具眼の士」の種蒔き』

 

『真に勇敢なる人は常に沈着である。−−− 吾人はこれを「余裕」と呼ぶ。それは屈託せず、混雑せず、さらに多くをいれる余地ある心である』(新渡戸稲造『武士道』より)。

がん哲学外来を安心・安全な場にするためのお約束

・自分の考えや価値観を押し付けません。

・相手の意見や考えを否定しないで聴きます。

・全員が話せるように、一人で長く話しません。

・強引な販売や勧誘はしません。

・カフェの外での交流は各自の自己責任で行います。

申し込み 問い合わせ

問い合わせ・申し込み先が 新しくなりました。

 

Mail :sugamocafe.sakura@gmail.com

折り返し 確認のメールを送信します。Gmailの受信設定をお願いします。

 

電話 :090-6033-2266 (電話担当  西原)

(留守番電話にお名前と連絡先をお願いします)

当ホームページ 問い合わせフォームをご利用ください

お申し込み・お問い合せ

クリックしていただくと問い合わせフォームが表示されます

 

MENU
PAGE TOP